ナイアシンが美容と若返りの秘訣

皆さんはナイアシンをご存じですか?
知っている人なんて、ほとんどいないんじゃないでしょうか?
このナイアシンは美容と健康とメンタルに効くとされ精神科医の著書では
10以上も前から「心の病」にを治すビタミンとされてきました。
今日はそんな未知の成分を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

心と体を癒してくれるビタミン

上で紹介した通り精神的な「心の病」に効果があるとされる、ナイアシンですが
美容にも良く加齢による老化や、傷ついた臓器・筋肉細胞の修復作用など、さまざまな“若返り”効果が明らかになっているのです。

今はまだ若いからといって油断するのではなく、今から摂取する事で老化防止にも繋がるというのだから、優れものですよね。

ナイアシンって結局なんなの?

ナイアシンはビタミンB群の一種。「ニコチン酸」や「ニコチンアミド」などと総称されます。
ここで勘違いして欲しくないのは、煙草に含まれるニコチンとは全くの別です。

ニコチンアミドの中には「ニコチンアミドモノヌクレオチド」という物質があり、2011年には、高齢のマウスにこれを投与したところ、糖尿病の回復傾向が見られたと報告されました。なんとそのマウスの臓器状態は、若い頃の状態にまで修復されていたということです。
驚きですよね。臓器が若い状態に戻るなんて。

また今年に入ってからも、スイス連邦工科大学からニコチンアミドの一種「ニコチンアミドリボシド」に関する研究報告があり、これを投与した高齢マウスの筋力が再生され、ほかのマウスより長生きしているため、筋肉の再活性化促進効果があるようだ、と発表されています。

ここまではちょっと難しいお話になりましたが、以上に紹介したような物質はすべて「ナイアシン」というビタミンに関連するものであり、皆さんが普段口にしているさまざまな食品に含まれています。またこれらは、ビタミンB群の中で3番目に発見された物質として、別名「ビタミンB3」とも呼ばれています。

ナイアシンは、食品から摂取した糖質、脂質、タンパク質を体内でエネルギー源として活用する際に必要なビタミンで、体内の各器官や皮膚の粘膜を健康に保つ働きがあります。不足すると皮膚炎、口内炎、精神疾患などに発展する場合があります。脂質や糖質の分解にかかわる栄養素なので、ダイエットの効率にも少なからぬ影響があります。

厚生労働省の『日本人の食事摂取基準2015』によると、1日の推奨摂取量は18歳以上の男性で14mg前後(上限約300mg)、18歳以上の女性で11mg前後(上限250mg)です。実際の食品では、レバーや魚介類、肉類に多く含まれるので、だいたい100g前後の摂取で1日分がカバーできます。

 魚の切り身なら1切れ程度、お肉料理もだいたい1人分の目安が100g前後です。日本の平均的な食事を摂っていればナイアシン不足に陥ることはないと考えられていますが、これはあくまで「食事バランスが整っていたら」のお話です。

たとえば、肉や魚をすすんで食べない方、お菓子を食事代わりにしている方、飲んだら食べない派の方、またインスタント食品に頼りがちな方は、注意しましょう。こういった食事の偏りが、精神疾患や肌荒れ、各器官の不調を引き起こしているのかもしれません。

ナイアシンはレバーや魚介類、肉類ですと先述の摂取量で1日の推奨量をカバーできます。ほかの食品では、キノコ類や落花生(ピーナッツ)、大豆などの豆類(ソラマメ、グリーンピース、小豆、黒豆など)にも含まれます。しかし、肉や魚のように、100g単位で食べる物ではないので、組み合わせて摂るようにするのがいいでしょう。

ナイアシンが含まれる食品

ちなみにナイアシは、食品から直接摂取する以外に、体内でトリプトファンというアミノ酸から合成することもできます。

キノコ類

なめたけ、なめこ汁、キノコパスタ、しめじご飯(おむすび)、ネバネバサラダ(なめこ入り)など。キノコ類は100g中の含量が、肉や魚介類なみのものもあります。

ソラマメ、グリーンピース

今の時期なら旬の野菜なので、豆ご飯(おむすび)、ソラマメ入りの惣菜も見つかるでしょう。またソラマメやグリーンピースを炒ったり揚げたりした昔ながらのスナックも探せます。

豆類の惣菜

真空パックに入った五目豆、黒豆の甘煮、大豆とヒジキの煮物など。また納豆巻き、キムチ納豆(おむすび)などの納豆メニュー、冷奴や豆腐麺など豆腐を使った製品も探せるでしょう。

菓子類

 甘いものやパンが好きな方は、小豆が摂れる和菓子やあんぱんなどを選んでみましょう。小袋入りの甘納豆、食べきりサイズのようかんもオススメ。大豆製品ならソイバー系、大豆粉や豆乳入りのクッキー、きなこ棒、豆乳ヨーグルトなどが探せます。

落花生

 殻入りの落花生はデスクでは食べにくいですが、ナッツやおつまみコーナーで、素焼きピーナッツ、バターピーナッツなどが並んでいます。ほかにもピーナッツチョコレートなどがありますが、脂肪分が多いので、10粒程度までに抑えましょう。

 ナイアシンの若返り効果には世界中が期待を寄せていますが、ナイアシンを含むビタミンB群は、ほかのビタミンB群(B1、B2、葉酸、B6、B12など)と連なることで効果が高まるという法則があります。

 今日紹介したものだけを積極的に摂るのではなく、肉や魚介類とともに、野菜類もバランスよくいただき、心身の健康を保ってください。

まとめ

いくら体に良いビタミンを摂取しているからといって、暴飲暴食はいけません。
健康的な体にするには、普段の生活環境から変えていく必要がありますからね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする