ウルフ・オブ・ウォールストリート あらすじやキャスト紹介

今日紹介した映画はこれ!!

スポンサーリンク

ウルフ・オブ・ウォールストリート

レオナルドディカプリオ主演映画。モデル・ジョーダン・ベルフォート。

レオナルド・ディカプリオの最高傑作!!

この映画は、ジョーダン・ベルフォートといった実在する人物の半生をモデルに製作された映画だ。
ジョーダン・ベルフォートは金に貪欲で、しがない証券会社に働くサラリーマンだったが
ある日、仲間のドニーとペニー株(クズ株)を金持ちに売りつける手法で一躍大金持ちに!!
酒に、女に、ドラッグと、毎日パーティー漬けの波瀾万丈映画!!
ストレス発散の映画には持って来いです!!(笑)
 映画の中に、何回女性の裸が映ったか数えられないぐらいの酒池肉林ww
Fuckなんて言葉が日常会話の様に飛び交う会社で、朝から夕方まで車にSEXは禁止なんて張り紙が出る程ですw

酒に、女に、ドラッグのなんでもあり!

酒に、女に、ドラッグのなんでもあり!

レオナルドディカプリオ主演映画。モデル・ジョーダン・ベルフォート。

レオナルドディカプリオ主演映画。モデル・ジョーダン・ベルフォート。

ジョーダン・ベルフォート

ウルフ・オブ・ウォールストリートのモデル

ウルフ・オブ・ウォールストリートのモデル

wikiより

1990年代に投資家相手にペニー株を騙し売る株式仲介会社のストラットン・オークモント英語版を創業した[13]。投資詐欺を行っている間、ベルフォートはパーティーを繰り返し、また鎮静催眠剤「クエイルード英語版」の依存に陥った。
ストラットン・オークモントが雇った株式ブローカーは1000人を超え、フットウェア会社のスティーブ・マデン英語版のものを含む10億ドル以上の株式に関与した。
ストラットン・オークモントは悪評のために1990年代後半には当局の標的となり、また2000年の映画『マネー・ゲーム英語版』(DVD化の際に邦題は『マネー・ゲーム 株価大暴落』に変更)の内容はその影響を受けている。
1998年にベルフォートは証券詐欺英語版と資金洗浄により起訴された。FBIとの協力の後、彼は約2億ドルの投資損失を産みだした風説の流布のために22ヶ月間服役することとなった。またベルフォートは被害者の投資家たちへ1億1040万ドルの返済が命じられた[16]。刑務所でベルフォートはカナダ人コメディアンのトミー・チョン英語版と出会い、これまでの出来事を書きとめ、出版することを勧められた。出所後も2人は友人である。

キャスト 

レオナルド・ディカプリオ(役名:ジョーダン・ベルフォート)

ジョナ・ヒル(役名:ドニー・アゾフ)

ケネス・チョイ(役名:チェスター・ミン)

感想

正直、今までのレオナルド・ディカプリオの印象が全部壊れてしまう程素晴らしい演技でした。
それに、証券マンならではのマイク片手に熱弁する所なんかは、見てるこっちもテンションが上がってしまうぐらいで、ジョブスよりも演説が上手いんじゃないかと思う程です!
しかも、さすが元証券マンとあって人に物を売るテクニックをもっていて発言一つ一つが、以外にも勉強になったりもします。
くのレンタルビデオ屋さんがあるならレンタルしてみて下さいね!!
では!!