H1,H2,H3タグとSEOの関係

さて今回はwordpressで記事を書けば、誰しもが使用した事のあるタグについて説明していきたいと思います。
主に皆さんが使用しているタグはH1,H2,H3,H4ぐらいまでだと思います。
H5を見た記憶はほとんど私はありません。
無意識に使用している方もいれば、SEOを意識して使用している方もいらっしゃると思います。
実際のところは必要なのか、どうなんだ?!
の疑問の声に私なりの解釈で説明させて頂きます。

スポンサーリンク

見出しとタグとSEOの関係

これは関係あるといえばあるのですが、あまり効果は絶大ではありません。
恐らく、Googleの上層部も所詮はただのタグとしか認識していないと思いますが
かといって間違った使い方をするのは良くありませんよね。
基礎的な認識として、下記の事は覚えていて下さい。

・見出し1=h1

・見出し2=h2

・見出し3=h3

・見出し4=h4

使い方の流れを説明しますが、100%の正解というのはありません。
私の中の黄金タグパターンがあるので、まず、それを下の画像で説明致します。

タグ1

何回も言いますがこの流れが100%正解ではありません。
ですが私はこのタグの付け方が好きで、自分はこうしています。
h3を三つか四つ使ったら、またh2と戻ります。
h2→h3→h3→h3→h2→h3→h3….と
この流れが一番記事が綺麗に見えると私は思います。

ブログタイトル-h1

これは記事を作成した際のタイトルです。
GoogleやYahooに自分の記事がインデックスされた時に、これが一番重要視されるタグになります。

サブタイトル-h2

記事の中にある大見出しになります。
たとえば、「wordpressにオススメのサーバー」の様なタイトルの記事を作成した場合、大見出しに「サーバーの種類」のような内容が大見出しになります。

サブタイトル説明の小見出し-h3

サブタイルで大見出しを説明する為の小見出しです。

wordpressにオススメのサーバー-h1

サーバーの種類-h2

種類名-h3

種類名2-h3

サーバーの重要性-h2

みたいな感じになります。

SEOとの関連

GoogleのGoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)曰く

マットカッツ

h1タグは1個で十分。H1タグをそれほど重視していない。たとえばテキストを全部h1タグで囲って、スタイルシートでh1タグの中身を普通のテキストに見えるようにしても意味はない。
※ランキングの指標(=SEO)としては重要じゃないということ。「見出し」としての本来の役割を果たすh1タグはあったほうがいいに決まってます。

つまり、タグはそこまで重要ではないがh1タグは本文に1つは必要という事と
順番についてもコメントしています。
「H1タグがH2タグよりも下に記述されていたら、クローリングに問題が起こるか?」という問いに対して

ページが全部H1やH2タグだったら、さすがにマズイですが、H1タグがH2より下にあっても、きちんと解釈してくれます。

解釈してくれるが、キチンと整理した方が良いという事です。

神経質になる必要はない

以上の事から、そこまで目くじら立てて気にする事はないという事です。
冒頭に書いた通り、「所詮はタグ」です。
これをきちんとした所で、大きなレバレッジが来る訳ではないので
肩の力を抜いて、気にせず投稿をしましょう。

綺麗にこした事はない

タグはそこまで重要ではないと言いましたが、タグを綺麗にする事により、文章が綺麗に見えます。
文章が綺麗に見えれば、訪問者も増え検索順位も上がってきます。
気にしすぎる良くないですが、気にしない事はオススメしません。
なので記事を更新する際は、文書構成を意識して書いていくようにしましょう。