芸術的な映画-フローズン・タイム~(キャスト・あらすじ・感想)

今回は私の好きな映画のフローズンタイムを紹介したいと思います。
この映画は凄い独創的な映画で、認知度は低いですがちょっと落ち込んだ時とか
芸術的な思考や趣味のお持ちの方にオススメする映画です。

スポンサーリンク

あらすじ

 ガールフレンドにフラれたショックから不眠症になってしまう画家志望のベン。仕方なく24時間営業のスーパー・マーケットで深夜のバイトを始めるが、そこはダメな若者たちの吹き溜まりだった。
不眠が続いているベンの頭はついに限界を超え、突然、周囲の世界がフリーズしてしまう! 動いているのは自分の時間だけ。時間が止まった世界で彼は、夢中になって女性たちをデッサンする。
そしてある日、ふとした瞬間に見せた同僚・シャロンの横顔に目が離せなくなってしまう…。新たな恋のはじまりは、普段は気づかないほど“一瞬”の間に隠れていた―。

R指定・見所

主人公が時間を止めて、女性の裸体を書くシーンがあるのですが、おもいっきり
胸が出ています。

フローズンタイム2

フローズンタイム3

陰部にはモザイクがかかっていますが、女性の裸体ですが、いやらしい目線では見れなかいですね。

恋愛映画&コメディ

過激な模写はありますが、恋愛の映画になっています。
イタズラ好きな仲間と、遊ぶ時はコメディ要素満載ですが、恋人との回想や
恋愛についての模写はすごいシリアスな場面になっていて緩急のついた映画になっています。

イタズラ好きな仲間

 スーパーで一緒に働く男仲間の個性が溢れ出ていて、イタズラ好きの二人組
自称カンフーの達人のやり取りがかなり面白いです。

フローズンタイム4

いつもこんな事をしているので、店長に厳しく怒られますが、また店長も少し
イタイ人なのでそこも見所です。

キャスト

主人公:ベン
演:ショーン・ビガースタッフ

フローズンタイムCAST1

不眠症の限界を超え、時を止める能力を持つ。

シャロル
演:エミリア・フォックス

フローズンタイムCAST3

スーパーで働いている最中に、ベンが一目惚れをする相手。

スージー
演:ミシェル・ライアン

フローズンタイムCAST2

ベンの元カノ。忘れられずベンは不眠症におちいってしまう。

ショーン
演:ショーン・エバンス

フローズンタイムCAST4

まとめ

最初これを見たのは高校生の時で、パッケージに惹かれて見たのを覚えています。過激だったのでつい手がでてしまいました。
パッケージの裏側の説明覧には時を止める等の言葉があり、企画物のAVのような
海外ポルノなのか?と思いましたが、内容はその逆で凄いシリアスでした。
笑いの要素もあり、恋愛観もうまい事はいっており、芸術的な映画という表現が正しいでしょうね。
視聴はhuluで可能なので是非視聴して下さい。