平均年収500万のサラリーマンは服が買えない?!

  年収500万サラリーマンが言った真実

「アベノミクスで日経平均2万円台へ」「賃金上昇は過去最高の水準」

景気が好調なニュースが流れる中、年収500万円のサラリーマン1011人にアンケートした結果

昨年よりも生活が苦しくなったという回答が45%を占めた。

では、巷の生活苦サラリーマンはどんなことに苦しんでいるのか。
サラリーマンの衣食住のうち、ここでは「服装」について見ていこう。

スポンサーリンク

  ユニクロですら高すぎる!? 衣服にお金はかけられない

 被服費は家計が苦しくなった際、最も削りやすい部分の一つだ。

生活経済ジャーナリストの柏木理佳氏も「浮いたお金を食費やほかに回したり、子供の洋服代に充てる人が多い」と言うとおり

アンケートでは43%の人が「服自体を買わなくなった」と回答している。

 通信機器メーカーに勤める青山陽一さん(仮名・36歳)は実家の借金の肩代わりを強いられ、手取り32万円の給料から月々15万円を返済に充てている。

そんな状況のため、3年ほど前から洋服は買っていない。

部屋にあるジーンズはどれも股擦れで穴が開き、ボロボロに破けたTシャツがクローゼットに何着もかかっていた。

「部屋着ならこれで十分。真っ裸で過ごすときも多いですし、近所のコンビニで買い物するときは仕事用の作業着を着ればいい。

 ただ、後輩と飲みに行ったとき『青山さんっていつも同じ服ですね』と言われ、恥ずかしいくらいかな」

  <アンケート>衣服に関して「生活苦」を感じるときは?(複数回答)

●ユニクロなどで買う回数が増えた 44%

●服自体を買わなくなった 43%

●ブランド品を購入しなくなった 41%

●クリーニングに出さない 28%

●格安スーツしか着ない 27%

●腕時計をつけていない 16%

●寒い日でも薄着だ 4%

  感想

はっきり言って今の日本が心配になるレベルだ。

消費税も8%になり、更に10%になろうとしている。

それに伴って、給料が上がっているかと言われると、首をかしげて戻したくないぐらいだ。

税が上がれば食品の仕入れも上がり、外食の頻度も減り、余計不景気になっていく。

僕のお世話になっている吉野家さんも最近値段が上がったばっかで、また更に上がるのかと思うと

イライラして仕方がない。

今を救うのは、若者なのか高齢者の知恵なのか。

もっとこの国が豊になって欲しいと切実に私は願っていますよ、お偉いさん。